総量規制とは

MENU

総量規制について

キャッシングに関する問題は日々絶えることなく、様々な社会問題を引き起こしてきました。その問題を少しでもなくそうと作られた「金業の規制等に関する法律」が「貸金業法(かしきんぎょうほう)」になります。

 

貸金業法は多重債務者の問題解決や、安心してお金を借入できる賃金市場を作り上げることを目指して改正されています。

 

その大きな改正案の1つが「総量規制」になります。
総量規制とは、個人の借入金額が年収の3分の1までと決められ、2010年6月18日に施行されました。

 

※ただし、法人の借入は対象外だったり、個人でも事業資金ということであれば対象外になります。あくまでも「個人が自分のためにお金を借りる目的」の人が対象となります。

 

主婦/主夫の場合は条件付きで借入が可能ですが、必要書類に配偶者の同意書、結婚を証明する書類、配偶者の年収が確認できる書類など、相手の同意があった上で借入が行える、といったものになります。そういった面倒な手続きが必要になるため、主婦に貸付をしない貸金業者も増えてきています。

 

ただし、この総量規制は銀行系の借入に対しては対象外になりますので、個人の方で、ある程度まとまったお金が必要な方は銀行系の借入がお勧めです。

 

ちなみに、「専業主婦」の定義はキャッシング部分(貸金業法)と信販会社の発行するクレジットカードなどのショッピング部分(割賦販売業法)によって定義が異なりますので注意が必要です。

 

それぞれの定義は下記の通り。

 

 ○キャッシング部分 → 収入がゼロ(パートなどで少しでも収入がある人は専業主婦にはならない)

 

 ○ショッピング部分 → 年収103万円以下の配偶者控除を受けている人

 

総量規制については「キャッシング部分」についてになり、収入がゼロの主婦の方が対象となります。

カードローンについて
カードローンとキャッシングの違いとは?カードローンとは何かを説明しています。
カードローンを選ぶポイント
いざ借りようとする時に、どこのカードローンを選べばいいのか。選ぶポイントを紹介しています。
無利息キャッシングについて
無利息キャッシングの無利息とは具体的にどういうことなのか。カラクリを紹介しています。