私でもお金借りる

MENU

即日融資でお金を借りる方法

 

今すぐお金が必要なのに、手元にも銀行口座にもないということがあります。友達や家族に借りると迷惑をかけてしまうので、そんな時は金融機関のカードローンを利用するという方法があります。

 

金融機関では今すぐお金を借りたい人のために、今日申し込みをしたらすぐに審査を行い、最短で即日に融資をしてくれるサービスを提供しています。もちろんお金を貸す時は、返済能力があるかを確認する必要がありますが、その審査も即日で行ってくれます。今すぐ借りたくて即日審査を受けたいときは、ネットで申し込むという方法があります。

 

パソコン、もしくは携帯で申し込みをすれば、緊急申し込みとなるすぐに審査が受けられます。即日審査を受けるために必要な書類は、身元を示す運転免許証や保険証などの書類と、返済能力を示すために必要な給料明細などの書類が必要になります。

 

書類を郵送で送るのではなく、携帯で写真撮影をしてデータとしてネットで送信をすれば、すぐに審査をして融資を行えるかどうかを判断してくれます。審査が通れば、希望する融資額をその日のうちに口座に振り込んでもらうことができるので、そこから引き出せば、すぐに手元にお金を得ることができます。

 

誰かに知られることもなくお金を借りる方法

親にばれない旦那に内緒でバレない、バレずに借りられる方法は多くはありませんが一部ではあります。

 

例えば全てオンラインで取引を完了させられるようなキャッシングの場合には、ほぼ第三者は融資を受けていることを知ることが不可能です。過去には利用明細を指定住所に送っていた例もありますが、それらを省いてメールや確認画面などから見ることができるように成っているので、親にバレない旦那に内緒で借りる方法となっています。

 

もちろんおおっぴらにキャッシングを受けていることを公言してもしっかりと返している人ならば指摘をうけることはありませんが、両親あるいは、旦那などと同居している場合にはその人たちに知られてしまうことはあまり好ましくないと考える方も少なくはないでしょう。

 

そうしたかたは親にバレないためには旦那に内緒で借りられるオンライン決済がメインのキャッシングをつかうことで、バレない、バレずに使えるという素晴らしい金融商品ですから、まずは自分の収入で借りられるキャッシングを探して、実際に融資をうけてみることにしましょう。バレないからといって使い過ぎは禁物ですから、ゆっくりと使い続けることが適切な方法の一つとなります。

 

 

 

 

銀行や信用金庫等の「銀行系」でお金を借りる方法

銀行系でお金を借りる際にその資金使途によって審査の過程は様々です。

 

近年は日銀のマイナス金利政策により、事業性融資、住宅ローンの金利低下か利益が上げられない状況下にあります。そこで各銀行界ともに安定した金利収入が稼げる銀行カードローンに注目が集まっております。

 

申込条件は主に、申込時年齢が満20歳以上70歳未満の方、原則申込銀行の営業区域内にお住まい、またはお勤めの方、安定継続した収入のある方、尚、配偶者に安定継続収入がある専業主婦パート、アルバイト、年金受給者も可能。外国人の方は永住許可を受けている方が対象。

 

と比較的ハードルが低い基準となっています。各銀行も従前のペーパーでの申込受付から、仮審査をネットで受付る方式が主流となっています。

 

審査承諾後のカードローンのキャッシング及び返済も銀行ATMでの対応なので利便性は非常に高いです。ゆうちょ、郵便局、農協についても積極的に個人ローンに力を注いではいますが、銀行がストックしているローン対応能力、処理能力、カードローンを中心とした個人ローンの商品内容で劣っています。

 

まずは、金利のディスカウントもある給与の振込指定銀行のホームページにアクセスし申込を行ってみましょう。

 

アコム等の人気消費者金融や中小規模の消費者金融でお金を借りる方法

 

消費者金融は気軽にお金を借りることができますので非常に便利です。正社員でなくてもパートやアルバイトでも安定した収入を得ているのであればちゃんと貸してくれるからです。

 

ですが、何かしらの理由でその消費者金融から借りられないという人もいます。特に大手ですと条件をクリアしない項目があればあっさりと審査で落としますので、実は大手の消費者金融で借りることができなという人は少なくありません。そういう時には中小の金融会社をあたってみましょう。

 

中堅どころの金融会社でしたら、丁寧に与信をおこなってくれますので、現在安定した収入があるのであれば、若干条件がよくなくてもカードローンを利用できる可能性が高くなります。中小でも正規の金融会社でしたら、利息法に則って大手と変わらない金利でお金を借りることができます。

 

どうしても急な出費でお金は入用なときは、中堅の金融会社でキャッシングできるか申し込んでみるとよいでしょう。コンスタントに借りて期日までに返済して信頼を得ていけば借入限度額も上げてもらえます。あまり知られていなくても地元に密着した堅実な消費者金融はたくさんありますので、そうしたところを調べてみるとよいでしょう。

 

 

ユーザーが気になるお金借りるの質問コーナー

 

 

申込みするのに年齢制限はあるの?

キャッシングを申し込むことが出来る年齢というのは法律で決められています。20歳未満はキャッシングをうけることはできません。万が一これ以下の年齢の人に貸した場合には、キャッシング業者側が違法となってしまうので、年齢確認ができない場合には原則としてキャッシングが不可能なのです。何歳から借りられるかはその会社が目安を作っているのではなく成人に達した年齢でなければ借りることはできないというのが日本の法律です。このため下限未満の場合には借りることは不可能ですから、キャッシングを利用する場合には必ず成人になってからつかうことを考えましょう。成人に達してさえいれば自分の行動を自分で責任を持てると見られますからうけられるのです。

電話がかかってこないでお金を借りられる方法ってある?

電話なしでもお金を借りることはできますが、それは低額の場合がほとんどです。限度額が高いキャッシングの場合には必ず在籍確認というものがありますから、勤務先に電話が行ったり会社に電話が行く場合があります。この時には担当者は個人名を名乗りキャッシングしていることは絶対に他言しませんので、勤務先に連絡が行ったとしても全く問題が生じることはありません。電話連絡無しでお金は借りられるのかどうかと聞かれると、低額な場合は大丈夫ですが高額の時には必ず電話連絡が必要だとくことを知っておくことでこれからのキャッシングを利用するときにも、在籍確認という制度をしってから借りられることになりますから、必ず把握しましょう

利息0円でお金を借りたい!そんな方法ある?

利息無しでお金を借りることはまず消費者金融からは無理です。何故ならば消費者金融というのは顧客から利息を取ることでそれらを設けとしていますから、利息なしで貸し付けていた場合には、儲けが無くなってしまうからです。無利息で借りる唯一の方法といえば個人間でのお金の貸し借りでしょう。友達あるいは家族や親戚などからお金を借りたことがある方の中には、借りた額と実際の返済金額がピッタリと一致したというケースがあるかもしれません。その場合には無利息で借りられたこととなりますから、消費者金融以外の個人間のお金の貸し借りならば問題はないのです。しかしながらこれらはトラブルに繋がることもありますから、少額にとどめておくようにして借りたらすすぐに返しましょう。

「総量規制」←なんて読むの?なにこれ?

総量規制とは自分の年収の数割以上を借りることができないというキャッシングなどに対して設けられている法律です。一部で総量規制対象外のサービスがありますが、多重債務になることを防ぐための法律として総量規制が設けられていますから、ほとんどのキャッシングやローンでは規制が設けられているのです。これからキャッシングをうける場合には原則として自分の年収以上の金額は借りられないということを考えておきましょう。住宅ローンなどは総量規制対象外ですが、通常の消費者金融からうける融資のほぼすべてが総量規制の対象に成っているで、お金を借りるときには自分の一年で稼いだ収入の数割程度しか借りられないということを知っておくことが大事です。

無職だからこそ、お金借りたいんだけど?

無職無収入の方はお金を借りることができないかといえばそんなこともありません。実際に職がなくてもキャッシングを受け付けている消費者金融は多く存在します。例えば消費者金融の場合には無職無収入でも数十万円程度までの上限金額ならば貸付を行っていますので、これらをつかうことで便利に返済計画を考えていくことが出来るでしょう。そもそも無職無収入の人がそこまで多くのお金を必要とすることはありませんが、ニートなのに兄弟の結婚式に出席しなくてはいけなくなった時には、恥を忍んでお金を借りることが大切となります。親が払ってくれるケースならばよいですがそうでない場合には、無職でもお金を貸してくれる消費者金融を使いましょう。

延滞とかしまくってブラックなんだけど、まだお金借りられる?

過去に多重債務者になってブラックリスト入りした方や、金融事故を起こしてブラックになった場合には、数年間は信用情報機関に登録されることになりますから、ブラックOKかあるいはブラックでも問題なく貸してくれる消費者金融を選ぶことが必要となります。ブラックOKの消費者金融というのはあまり多くはなく、あっても少額の上限額がほとんどですから、大切なのはキャッシングをうけずに過ごせる人生を考えることです。ブラックリストに入っている人でも一部の消費者金融からはお金を借りることはできますが、それはまたブラックに入る道のりとなってしまうことがありますので、しばらくの間は使わない決意をしてキャッシングせずに生活ができないかを考えること大切です。

自己破産したことあるけど、お金貸してくれるゆるい場所って?

自己破産でもお金を借りられる方法はまずありません。自己破産すると一定年数以上なければお金を借りることができないからです。過去に自己破産手続きをした経験がある方でも、その手続きが全て完了していないと新規に融資をうけることは不可能ですから知っておくことにしましょう。このため過去に金融事故をを起こした経験が無かったり、消費者金融から借りて返せなかったという経験がなかった場合でも、自己破産者にはお金を貸してくれないというのが世の中の常識となっていますから、無理に借りようとするのではなく、お金がなくても過ごせるような生活を心がけていきましょう。自己破産者はキャッシングがうけられないと知っておくことが一番です。

30代のシンママ(母子家庭)です。お金は借りられますか?

母子家庭でもお金を借りる方法がいくつかあります。代表的なのは家族もしくは知人から借りたり、カードローンを利用する方法です。公的な融資を受ける方法として、母子父子寡婦福祉資金貸付金や生活福祉資金貸付そして小口資金貸付があります。母子家庭が利用が可能な方法がいくつかありますが、大事なポイントは現在の収入がいくらか、返せる当てがあるかどうかそしていくら必要かです。就労状況などによっては生活保護などを検討する必要がある場合があります。金利が低いところから借りるのが大事ですが、慢性的にお金が足りない状況が続いている場合は自治体の窓口に相談するなど解決方法を検討する事が、この問題の根本的な解決として大事です。

ヤミ金とかサラ金ってガチでやばいやつ?今時そんなのあるの?

ヤミ金というのは所謂法外な利息をふっかけてくる悪徳な業者のことです。これらから借りた融資については返済義務そのものがありませんので、万が一借りても返す必要はありません。ヤミ金以外のサラ金からお金を借りた場合には話は別です。サラ金はきちんとした認可を受けた会社ですから、金利もしっかりとしており、闇金以外の会社ですので、トイチで貸してくることなどはありません。このためサラ金から借りた融資については絶対に返さなくてはなりませんから、必ず返すようにしましょう。サラ金以外の闇金は今では営業している会社のほうが少ないですが、一部で存在する例もあるので、それらからは借りないことが一番かしこい選択肢となっていきます

土日とか夜中でもお金って借りられる場所ある?

一般的な金融機関は土曜日は閉まる時間が早く日曜日は休みというところがほとんどで、急にお金が必要になった時に困ってしまった方も少なくありません。
一部の繁華街などに設置されている支店では夜11時程度までatmコーナーがオープンしているケースもありますが、流石に深夜には閉まっています。
土日や夜中に急な冠婚葬祭の開催、旅行や出張が決まったのに手元にお金が無く融資を受けたい場合には、24時間365日オープンしているatmが利用できる金融機関から融資を受ける方法があります。
消費者金融のatmをはじめ、コンビニエンスストアのatmであれば北は北海道から南は沖縄までいつでもどこでも融資金額を引き出すことができます。

 

 

 

 

カードローンに申込みする時の流れを解説!

カードローンを利用する場合、どのような流れになっているのでしょうか。

 

申し込みはネットからが便利です。電話などの方法もありますが、最近では携帯などから申し込むほうが24時間できるので、急に必要になった時などすぐに申し込みができます。

 

用意するものは免許証や保険証などの身分証明書と収入証明書などです。郵送で送ることもできますがメールなどで送ることもできます。

 

最短でカードローンを利用したいのであれば、前日までに申し込みを済ませ、もちろん必要な書類なども用意しておけば、翌日審査結果がきますので、最短でその日のうちに振り込んでもらえる可能性が高くなります。カードは後から郵送されてきます。

 

注意点としては、できるだけ午前中までに申し込みを完了させるということです。金融会社によっては14時ごろまで大丈夫なところもありますが、とにかく完了させることが重要です。最近ではこのように迅速に利用することができるようになっていますが、いざというときのために事前にカードローンを申し込んでおく人も多いです。

 

そうしておけばいざというときにあわてて申し込みをしなくても、すぐにお金を引き出せますし利用できますので便利だと考えるからです。

 

カードローンに申込みする時に必要な書類

金融機関や消費者金融会社などからお金を借りる際には必ずいくつかの文書を提出するよう求められます。

 

必要書類はどのような融資商品を利用するかによって異なりますが、一般的に必要書類は本人確認書類、返済能力があることの証明書類、使途に関する資料の3種類に分類できます。

 

本人確認書類とは文字通り、申込者が本人であることを示すためのもので、日本では公的機関が発行元となっている有効な身分証明書と言い換えられます。

 

代表的な身分証明書で例として挙げられることが多いのは免許証、健康保険証、住基カードで、これらのうちのいずれかがあれば大半の申込先で利用できます。この他にも、印鑑証明書やマイナンバーカード、国家資格の認定証などもところによっては本人確認書類として提出可能です。

 

返済能力があることの証明書類とは、借りようとしているお金に対して返済能力が十分にあることがわかるもののことです。個人向け貸付を利用する場合は会社勤めの人であれば源泉徴収票や給料明細が、自営業者であれば確定申告書や住民税の税額決定通知書があれば十分ですが、連帯保証人が必要な場合は彼らに関する資料も用意しなければなりません。

 

使途に関する資料は借りたお金の使い道がわかるもののことで、事業資金確保が目的なら事業計画書や資金計画書、不動産購入が目的だと物件のパンフレットや周辺地図、間取図などが該当します。

 

カードローンの審査について知っておくと得な事

予定外のタイミングで急にお金が必要になることは少なくありません。

 

学生時代の友達と急に予定が合って旅行に行く事になったり、結婚式や披露宴に呼ばれたり等すると、ある程度のまとまったお金が必要になります。給料やボーナスのタイミングとずれてしまうと、貯金だけではその費用を賄えないこともあるのです。

 

予定外のお金が必要になった時にキャッシングローンのサービスを利用する人は少なくありませんが、キャッシングローンを申し込むとお金を借りる審査が必ずあります。

 

運営している会社によって審査が甘いやなかなか審査通らないと言われている会社などそれぞれの特徴や噂がありますが、基本的にはキャッシングの審査では申し込んだ金額に対してその返済能力があるかどうかが確認されるのです。

 

キャッシングローンでお金を借りる時には、当然決まった期日までに指定されている金額を返済する必要があります。借入金額によって会社毎に金利が設定されており、毎月決められている返済金額と金利を返済しながら完済する必要があるのです。

 

審査では仕事に就いて安定的な収入があるかどうかと同時に、実際にその職場で働いているかの在籍確認が電話などでなされる場合もあります。返済能力の有無によって申し込んだ金額の満額の融資は受けられない場合もあるのです。

 

公的機関(市役所や自治体)等でお金を借りる方法とは

 

公的機関といえば区役所、市役所、福祉事務所などのことを指します。生協は民間組織であり公的機関ではありません。公的機関は国・都道府県・市町村が運営しており、税金が使われています

 

。国の統治作用のうち、司法・立法以外の部分を行政といいます。公的機関が用意しているサービスはほぼすべて行政であり、法律で定められています。

 

消費者金融や銀行との大きな違いは、法律で厳格にルールが定められているということです。消費者金融などでは担当者の裁量によってお金を貸したり・貸さなかったりといったことがありますが、公的機関でお金を借りる場合には法律によって厳格にルールが決められているので、その基準にあてはまるかどうかが鍵となります。

 

大切な国金が使われているので、「かわいそうだからお金を貸してあげよう」といったように担当者の感情によって左右されてはいけません。

 

逆に言えば法律が定めている基準を満たしていれば審査をクリアできるということになります。すべてのことを法律で定めることは難しいのである程度は裁量の余地があります。ただし、基準を満たしていても適切な手続きをとらなければ審査ではじかれることもあるので慎重に役所で手続きをしましょう。金利がとても低いことがメリットですが、時間がかかることがデメリットです。

 

身内(おばあちゃん、親、兄弟)からお金を借りる方法

 

お金を借りる先と言えば銀行や消費者金融業者など沢山ありますが、消費者金融業者のカードローンやキャッシング経由でお金を借りた場合には利子がついてしまいます。大金を借りれば借りるほど年利によって利子が増えてしまうので、沢山のお金を借金する場合は少しでも利率の低いところから借りたほうがいいと言えるでしょう。

 

そもそも利子など払いたくないというなら、身内からお金を借りるというのも一つの手です。祖母、つまりおばあちゃんや両親などからお金を借りた場合、利子をつけないでくれることも多いからです。

 

旦那や妻など配偶者から借用を受けるときにも、必ず返すから利子をつけないでくれとお願いしてみるといいでしょう。

 

兄弟や子供など頻繁に会うことが多い身内から借用を受けるというのもありだと言えます。銀行や消費者金融業者のように貸し出し審査を受ける必要がない、利息を払う必要がないなどといったメリットが得られるからです。大金を借りる場合でも比較的気軽な心持ちで済むのも利点となっています。

 

だたし身内からお金を借りたい際にも利子がとられてしまう場合もあります。そのときにはたとえ身内だとしても契約者を交わして年利を明確にしてくといいでしょう。

 

身近な人(上司、同僚、友人、恋人)からお金を借りる方法

知人や友達、会社の先輩など身近な人からお金を借りるというのも一つの方法です。

 

このような身近な人は金利を取る事もないでしょうし、期限をつけてくれる事もないでしょうから、まずお金を借りる時には考えるべきところという事も言えなくありません。恋人や異性、会社の同僚や上司などでも別にいいでしょう。

 

よく、身近な人とはこれまでの関係性を壊したくないので、借りたくないという人もいますが、お金を借りたぐらいで壊れる関係性であれば、別にそのようなものは無くても構わないと考えた方がいいでしょう。意味不明の虚勢を張って金融機関から借りれば膨大な利息をつけて返済をしなければなりません。

 

この利息がいかに大きなものなのかという事は真剣に考えなければなりません。何しろお金がない人が元金に利息をつけて、さらに多くのお金を返済するというのが金融機関を利用する場合の借金ですから、これが如何に難しい事なのかという事が分かります。

 

世間では金利が当たり前のようになっていますが、これはそういう常識を作られたからで、別に金利が必ず必要になる物ではありません。

 

お金がない人がまず考えなければならないのは、さらにお金の負担が増える事ですから、金利がない知人から借りるのは真っ先に考えたほうが良い事です。

 

 

 

 

 

会社員も公務員も安心!

○○なしでバレるリスクを軽減して借りる方法

 

公務員や会社員の人におすすめのキャッシングはどういうものでしょうか。

 

これは、消費者金融ではなく銀行系カードローンというのが答えになります。理由は簡単で、金利が低いからです。もちろん各銀行によっても事情は異なりますが、だいたい年利にして3%程度は低いと思って間違いないでしょう。

 

たかが3%と思われるかもしれませんが、仮に50万円を1年借りたとしますと1万5千円の差になります。ただ単に消費者金融ではなく銀行系カードローンを選択するだけで1万5千円が浮いてくる計算なのですから、普通に物を考えれば前者を選ぶ理由は存在しません。

 

しかし、どうしてこのような金利差が生じているのか、その理由を知りたくなる人も多いでしょう。当然です。

 

何も理由がなくて金利差が生じているはずはありません。もし何の理由も全くないのなら、世の中の人は全員が銀行系カードローンを選択するようになるはずです。それが合理的な選択肢というものでしょう。そうなっていないということは、何か理由があるに違いありません。

 

この説明の切り口としてはいろいろありますが、本質的なことを言えば、消費者金融のほうが貸し倒れになる率が高いからです。そのため高い金利にしないと金融機関がやっていけないのです。

 

そして、どうして貸し倒れ率が高いのかといえば、それだけ返済できなくなってしまう人、はっきり言えば属性の低い人が多いからなのです。あまり適切な言い方ではないかもしれませんが、一部の属性の低い人のために、他の人が高い金利を払うことで金融機関がやっていけるように支えているという構図が浮かび上がります。属性の低い人でも貸しているということは、審査が甘いということでもあります。

 

銀行系カードローンの場合はこの逆です。審査は厳しく、そのため貸し倒れになる率も低く、低い金利でも銀行はやっていけます。そして、公務員や会社員は、率直に言って属性の高い人であり、厳しい審査にも通過できる人たちです。そのため銀行系カードローンを選んだほうが有利なのです。

 

バレるのはマジまずい!

絶対に秘密にしたい専業主婦がお金を借りる方法

 

専業主婦でもお金を借りる方法はありますが、それは銀行系カードローンに限ります。一般にはいわゆる消費者金融のほうが何か敷居が低そうで、さして厳しい審査もなくお金を貸してくれそうなイメージがあるかもしれませんが、専業主婦の場合にはこれは当てはまりません。多少とっつきにくそうに見えたとしても、銀行系カードローンに申し込む必要があります。

 

その理由は、総量規制対象かどうかということが関係しています。総量というのは一人の人が借りることのできるお金の合計という意味で、その合計を規制するというルールが総量規制です。あまりに多くのお金を借りては結局は返済できなくなってしまうだけなので、そもそも借りることのできる金額を制限しようとしているわけです。

 

ですが、一律に上限を決めることにはさすがに無理があります。多くのお金を稼いでいる人もいればそうでもない人もいるわけで、一律の規制はなじみません。そのため、その人の年収を基準とし、年収の三分の一を上限とするルールが設けられました、年収300万円の人であれば100万円まで、450万円の人であれば150万円までが借りられる金額ということです。

 

ところで、専業主婦の場合、年収はいくらでしょうか。聞くまでもなく0円でしょう。自分には給与所得のない人なのですから当然です。となると、三分の一もやはり0円であり、総量規制というルールのもとでは全くお金を借りることはできないということになってしまいます。

 

ですが、この総量規制ルールが適用されるのは消費者金融などノンバンクだけです。銀行からお金を借りる場合にはこのルールはそもそも適用されません。ですから、専業主婦は消費者金融に申し込んでも借りられる可能性はないのですが、銀行系カードローンの場合には可能性があるのです。なお、最近では消費者金融なのかそれとも銀行系カードローンなのか、見た目では判別しにくいものもありますから、しっかりと確認してから申し込むようにしましょう。

 

老後を支える為の資金調達!

年金受給者でも安心してお金を借りる方法


現在会社や役所などに勤務して定期的に収入を得ている現役世代のサラリーマンとは違って、年金生活者の場合には通常は年金以外には確実な収入のあてがありません。

 

したがってお金を借りようとする場合には、このように安定かつ継続した収入がないことがネックとなり、申し込みそのものができないか、申し込みをしたとしても審査の段階を通過できないことが多いといえます。

 

銀行や消費者金融ではカードローンやキャッシングの募集をさかんに行っていますが、パンフレットやチラシなどに書かれている条件をよく読んでみれば、いずれも一様に年金受給者が対象外とされているのに気づくはずです。

 

銀行も消費者金融も株式会社化されているところがほとんどですので、要するにお金を貸すという行為そのものが営利の目的をともなっています。お金を貸したとしても将来的に利息ともども元金を返済してもらえるかどうかが疑わしい人には貸したくないのは当然の話です。

 

そこでほかにはどのような方法が考えられるかですが、たとえば年金担保融資と呼ばれる特別なローンに申し込む方法があります。この年金担保融資というのは公的な制度のひとつで、一般のカードローンやキャッシングとは仕組みが異なります。

 

しかしながら申し込みを受け付けている窓口そのものは一般の銀行や信用金庫などで、日頃から年金受取口座を開設していて取引関係があるところになります。ゆうちょ銀行、農協および労働金庫はこれらの取り扱い窓口には含まれていませんので、その点には注意が必要です。

 

融資される金額は最高で200万円までとなっており、ちょっとしたカードローンやキャッシングにも匹敵します。ただし異なる点として連帯保証人を立てることが必要になっていることが挙げられます。

 

もしも連帯保証人として適当な人物が見つからない場合には、別に信用保証機関を通じて一定の保証料の支払いと引き換えにして保証債務を引き受けてもらう方法をとることは可能です。

 

収入面を気にせず、安心して借りたい!

個人事業主がお金を借りる方法

 

法人ではない自営業の経営者や独立したフリーランスなどの個人事業主は資金調達が難しいことが多いです。銀行は設立してからあまり年数が経っていない会社や起業したばかりのフリーランスには融資を渋る傾向があります。

 

個人事業主がお金を借りたい場合の資金調達法としては、日本政策金融公庫が有名です。
日本政策金融公庫は、政府が個人事業主や中小企業をサポートするために運営しているので駆りやすいというメリットがあります。

 

しっかりと将来の計画を立てている個人事業主であればお金を借りやすいです。
金利が安いのも日本政策金融公庫から融資を受けるメリットのひとつになります。

 

銀行の融資は担保がないと断わられることが多いですが、中小企業経営力強化資金と新創業融資制度を利用した場合は担保が不要になります。

 

日本政策金融公庫は保証人の必要がないので敷居が低いです。金融機関からお金を借りる場合は基本的に保証人が必要になります。

 

日本政策金融公庫は5年以上借りることができます。日本政策金融公庫から融資を受けることができると、他の金融機関でお金を借りやすいです。

 

審査を通れば返済が不要なのが補助金で、補助金の申請をする個人事業主も増えています。補助金の申請をした後に審査があるので、必ず補助金を受けられるわけではないです。

 

補助金は予算が決まっているので倍率が高く、必要な書類を用意する手間もあります。申請するまでの手続きが煩わしくても、審査に通れば返済不用の資金を得ることができます。補助金を申請する場合は、現在の事業に合わせて申請することが大事です。

 

補助金や助成金を申請して通ると、金融機関からの信頼にもつながります。社員のモチベーションも上がります。助成金も補助金も数が多いので、インターネットを活用して常に情報をチェックすることが大切です。

 

知っている人は得をして、知らない人は損をするのが助成金と補助金なので個人事業主であれば情報収集を怠らないようにします。

 

月給の少ないアルバイト・パートだけど…

安心してお金を借りる方法

 

アルバイトやパートでもお金を借りる方法はあるのでしょうか。もちろんここで言うお金を借りるとは、親兄弟や親戚、友人などにお金を借りることではありません。カードローンやキャッシングと呼ばれるものでお金を借りることを指します。

 

アルバイトやパート、フリーターなどではそのような金融機関からお金を借りることは難しいだろうと思われるかもしれませんが、諦める必要はありません。いろいろな金融機関のカードローンやキャッシングの商品案内を見てみても、バイトだから申し込みを受け付けないというように書かれているものは皆無です。

 

ですが、やはり公務員や会社員とは異なるのですから、それなりにハードルは高くなることは覚悟しておいたほうがよいでしょう。まずは毎月の収入金額がだいたい一定である必要があります。思いついたようにアルバイトをしている人は該当しません。

 

学生の場合、学校が長期休暇の時期に限って集中的にアルバイトをしている人もいるかもしれませんが、これでは申し込めないわけです。市月あたりの労働時間がだいたい一定で、安定的に仕事をしている必要があります。

 

収入の金額そのものは絶対条件ではありませんが、それでも月に1万円程度しか収入がないようではちょっと話にならないでしょう。最低でも月5万円、ある程度カードローンの審査に通過することが見込めるためには月に10万円は欲しいところです。

 

また、勤続年数というのも意外と重要視されています。将来的にも今の収入がそのまま見込めるかどうかの判断材料として、今の仕事をどれくらい続けているかが問われるということです。これは最低でも6ヵ月程度は欲しいでしょう。1年あれば、勤続年数を理由にして審査落ちとなることはなさそうです。逆に働き始めて1ヵ月や2ヵ月程度という人はかなり厳しいと覚悟して下さい。

 

そういう人はせめてあと数ヵ月は待ってから申し込んだほうがぐっと審査に通過する可能性は上がることでしょう。

 

正社員でなくてもお金は借りられます!

派遣・契約社員がお金を借りる方法

 

契約社員や派遣でもお金を借りる方法はあります。カードローンやキャッシングの案内を読むと、安定した収入のある人という文言が確実に書かれているでしょう。これを見て、自分はいつ契約を打ち切られるかも分からず、到底安定しているなどと言えたものではないから、申し込みは無理だろうと初めから諦めモードの人も多いのですが、これは大きな誤解です。

 

カードローンやキャッシングの申し込み要件として書かれている安定した収入ということの意味は、毎月の収入がだいたい同じ程度の金額であるということでしかありません。契約の更新時期が来れば次回契約があるかどうかを心配しなければならず不安定だという意味とは全く違うのです。

 

毎月の収入がだいたい同じということは、月給制で給料をもらっている人であれば契約社員であろうが派遣社員であろうが基本的には誰でも当てはまるはずですから、申し込みの条件は実は十分にクリアしているのです。

 

ですから、初めから諦めモードに入ってしまう必要は一切ないのですが、確かに正社員の人と比べると審査に通貨しにくいのは事実です。これは否定しません。では、契約社員や派遣社員であっても審査に通過する可能性を引き上げるためには何ができるのでしょうか。

 

一つは勤続年数です。長期間同じ会社で働き続けていることに越したことはありません。もちろん派遣社員の場合に同じ派遣先が長いことは、好ましいことではありますが必須ではありません。同じ派遣元企業に長期間勤めていることで十分です。数ヵ月程度の勤続年数では厳しいことも予想されますが、もし5年とか10年もあれば、これはそれなりにしっかりした人だろうと思ってもらえます。

 

また、他のカードローンやキャッシング、さらにはクレジットカードの支払いなどが遅れていないことも重要です。これは現時点はもちろんのこと、過去数年にまでさかのぼって調査されますから、支払うべきお金はきちんと支払うように普段から心がけておく必要があります。

 

親・友人・恋人バレしない

学生がお金を借りる方法

 

たとえ学生であっても、お金を借りたいと思うことも出てくるでしょう。学生がお金を借りる方法としては三つの種類に分けられます。一つ目が学生ローン、二つ目が銀行のカードローン、三つ目が消費者金融のキャッシングです。学生ローンについては消費者金融の一部と言えますが、独特の特徴があるので分けて考えます。

 

大学生であっても未成年であるならば学生ローンを利用しましょう。すべてが未成年OKというわけではありませんが、その中でも未成年が利用できるものはアイシーローンとカレッヂ、フレンド田の三つになります。

 

このうちフレンド田は親権者の同意と保証が必要となるため注意しましょう。もしも親にばれずにお金を借りたいのであればアイシーローン、もしくはカレッヂを利用するのがお勧めです。未成年の場合には最大限度額は10万円と成年に比べると制限されることになりますが、10万円でも借りられるのはうれしいところです。

 

銀行カードローンについては、親の同意が必要なこともあります。三菱UFJ銀行バンクイックの場合には学生の場合には成人であったとしても借り入れには親権者の同意が必要となります。

 

多くの銀行では契約の際に親権者の同意は必要ありませんが、学生ローンや消費者金融などと比べるとやや審査の通過が難しい傾向にあります。同じ人が審査を受けたとしても、消費者金融を通ったけれども銀行は落ちてしまったということはよく聞かれることです。

 

毎月の最低返済額については1万円からという銀行も多いので、返済に自信がある場合には申し込んでみるのもよいでしょう。学生ローンの最低返済額は2500円程度のところが多いので、毎月の返済額が多いと心配な場合にはおすすめです。銀行カードローンの金利はずっと低いものなので、一度審査に通過すれば心強い味方となるでしょう。

 

最後に使いやすいのは消費者金融です。CMや電車内の広告でもおなじみのプロミスやアコムなどの消費者金融は、上限金利が18パーセントと高いものの、無利息サービスを使うことで銀行カードローンよりもお得に利用できることもあります。

 

難しい日本語ばかりで不安!

外国人がお金を借りる方法

 

外国人がお金を借りる方法としては、金融機関のカードローンやキャッシングを利用するのが一般的です。外国籍の場合は日本人よりも審査で提出する書類が多く、在留カードか特別永住者証明書のいずれかで正式な滞在許可を得ていることを証明しなければいけません。

 

こっそり母国に帰られたら貸倒れになってしまうので、金融機関は必ずどこの誰なのかをチェックしてからお金を貸しています。

 

審査の内容は日本人がお金を借りる場合と同様で、日本国内で安定した収入を得ていることが必須です。

 

勤務先への在籍確認なども所定の手順で行われ、審査を通れば融資限度額までの範囲でカードローンやキャッシングを利用できます。日本で合法的に生活できる在留期間も関係するので、残りの日数に余裕がある状態で審査を申し込みましょう。

 

基本的に銀行系の融資は審査基準が厳しめで、外国人については口座を持っている方や永住権がある方だけを対象にしているケースがよく見られます。ホームページでは外国籍の方への説明もあるので、よく読んでから審査申し込みをするのが賢明です。事前にコールセンターに問い合わせれば、より詳しい情報を入手できます。

 

消費者金融は柔軟な融資をしているため、外国人でも比較的カードローンやキャッシングを利用しやすいのが特徴です。在留カードの提示は求められますが、できるだけ利用者の立場を考慮しながらの審査となります。審査は通常通りに行われるので、同じ会社で長く勤めるといった高評価になる項目を増やしておきましょう。

 

日本に滞在する外国人のための福祉制度でお金を借りる方法もあるものの、数々の条件を満たした方のみが申し込めます。

 

勤務先の組合が運営している貸付制度などの自分が所属している組織からの支援を活用するのも有効な方法だから、さっそく利用できる制度を見直してみましょう。

 

どれだけお金に困っても官公庁に登録されていない組織からは借りないのが鉄則だから、よく分からない方は周囲にいる信用できる日本人に相談することが大切です。

 

夜職(水商売)だから何?

お金を借りる方法あります!

 

お金を借りる場合には必ず審査と呼ばれるものがありますが、もう審査に通らなければそもそもお金を借りることができません。一体どのように審査にどうしたら良いかはそれぞれの基準を満たす事が重要です。

 

例えば、夜職や水商売をしている人が渡してお金を借りいれることができるかが問題になりますが、当然条件さえ満たせばお金を借り入れる事は可能になります。

 

ですが一般的には、これらの職業はなかなかお金を借りにくいイメージがあるはずです。その理由は、職業に信頼がないからです。例えば、銀行員と水商売の人でどちらが信頼があるかと言えば当然銀行員になります。

 

それが世間のイメージですが、お金を借り入れる場合はイメージとは違い。継続して勤務されあれば借りることが可能でしょう。

 

つまり、夜のお仕事であっても、継続して仕事をしていることと一定額の収入があれば簡単にかけることが可能なわけです。ただし、カードローンやキャッシング等に限られてきますので、すべての場面でお金を借用することができるわけではありません。

 

ちなみにどのぐらいの勤続年数が必要かと言えば、およそ3ヶ月です。若干業者によって変わってくるところですが、金額がそれほど高くなければ3ヶ月程度の勤続年数があれば問題なくお金をかけることができるでしょう。

 

もう一つの条件となっている練習ですが、これに関しては毎月10万円以上あれば10万円ぐらいまでなら融資を受けることが可能になります。このように考えれば、銀行系のカードローンや消費者金融系のキャッシング等は非常に敷居が低いことがわかるでしょう。

 

ただし、それ以外の条件を満たさなければ借用することができません。一つは、在籍確認になりますが在籍確認とは本当に申し込み用紙に記載した会社に勤務しているかを確認することです。大抵の場合には、電話確認になりますので勤務先に電話が行くと考えておけば間違いありません。それに加えて、信用事故が